映画『TAG タグ』の感想

映画

大人になったあなたは子供心を失っていませんか? そんなことを問いかけてくる映画が、このTAGです。

ちなみに実話だそうです。

小一の頃から始めた鬼ごっこを30年間も続けている大人たちの話です。

しかも相手の会社に就職したり、老婆に変装したりとかなり本格的w

なぜ彼らがそんなことをするかといえば、

『老いて遊びをやめるに非ず やめるから老いる』

『鬼ごっこは互いに逃げるためではなく、顔を合わせるため』

という作中の台詞が全てを語っています。

個人的な話ですが、2年ほど前に愛犬を癌で失いました。

1月の7日に亡くなったのですが、12月20日まで散歩をしていたので余命3ヶ月だったのに半年以上も生きていたのかなあといまでは思ったりしますね。

「遊びだからこそ本気になれる」とはガンダムビルドファイターズの名台詞であり、テーマを思い出します。

シナリオ

彼らは本気で鬼ごっこをしています。

その本気度はつい笑ってしまうほど。

しかしラストは悲しく終わってしまうのが仕方ないとはいえ、楽しく締めて欲しかったかな。

キャラクター

本気で鬼ごっこをする彼らのキャラクターが面白くないはずがない!

皆楽しんでいて、キャラが立っていますね。

映像

コメディ映画なので特に優れているということはありません。

普通かな。

音楽

これも普通かな。

オリジナリティ

大人の本気の鬼ごっこというのは他で見たことがありません。

敢えて言えばリアル鬼ごっこがありますが、あちらは血生臭いのでコメディーではありませんしね。

当然ながら実話ではありません。

実話で、しかも本気で鬼ごっこをしているのは人類が70億を超えているとしても彼らくらいでしょう。

まあ探せばいるかもしれませんけどね。

総合評価

コメディ映画としては面白かったです。

また大人の真面目な鬼ごっこというのも斬新。

世の中は広いのだと思い知らされます。

一風変わった映画を見てみたい方は一度見てみてはいかがでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 この記事を書いた人

  • HN:アンギットゥ
    漫画好きなおっさんです。 他にもラノベやmac、アニメなど多趣味だったりします。 詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。

コメント