ジオラマ『人革連復元フラッグ』

ジオラマ『人革連復元フラッグ』

 

三国家群によるタクマラカン砂漠でのソレスタルビーイングの鹵獲作戦は、二百機が中破され、六十機を超える機体が大破するという最悪の結果に終わった。

その大破した機体のなかには三国家群の一角を形成するユニオンのオーバーフラッグが二機含まれていた。

その大破したオーバーフラッグのパーツを組み合わせて、復元したのが人革連復元フラッグである。

しかし残念ながら、ソレスタルビーイングにより本機は葬られることになる。[/say]

使用キットはこちら

 

あとがき

10年ほど前にTwitterであげたところ、大変ご好評いただいた人革連復元フラッグです。

いまのブログの前身となる『青空の広がる雪国』でも掲載してたことがあります。

長い間、ジオラマを撮るなんてしていなかったのですが30mmシリーズを見ていてなんとなくジオラマを再びやってみたいという気持ちに駆られて、ひとまず過去のものをアップしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です