漫画『WeTuber 』1・2巻のレビュー

漫画『WeTuber ウィーチューバー おっさんと男子高校生で動画の頂点狙ってみた』1・2巻のレビュー

◯◯の評価
ストーリー
(5.0)
キャラクター
(4.0)
画力
(4.0)
世界観
(3.5)
オリジナリティ
(5.0)
総合評価
(5.0)

冴えないおっさんと高校生ウィーチューバーがウィーチューバーの頂点を目指して頑張る漫画です。

ウィーチューバーはご存じのとおり、youtuberが元ネタの動画サイトです。

youtuberのラファエル氏という方が監修されているそうなので、それなりにリアリティはあると思います。

話題をそそぐゾウ

残念ながら、管理人のアンギットゥはyoutuberはヒカキンくらいしか知らないおっさんなのでラファエル氏は存じませんが
しかもヒカキンを知ったのが最近だからね。動物動画は結構よく見るんだけど

アンギットゥ

ストーリー

1巻は起承転結の起承の部分なので、転結の2巻まで読むことをお勧めします。

youtuberがよくわからないのでどこまでリアルかはわかりませんが、youtuberってこういうものなのかと面白く読めました。

他人を蹴落としてまで成り上がろうとする姿勢は、ビジネスの世界ですね。

youtuberは新しいビジネスだなと思いました。

キャラクター

おっさんこと作中の大企業である『六つ星重工』の常務、武田権助のキャラが面白いです。

タイトルだけ見て手に取ったので普通のサラリーマンの『おっさん』かと思ったら、大企業で秘書付きの常務とは。

しかも放送作家の見習いだった過去があったり、『六つ星重工』の跡取りだったりと結構設定が持ってあります。

逆に相方である芹生は掘り下げられていないのもありますが、普通の団地住まいの高校生ぽいですね。

若者らしい向こう見ずで行動する姿は見ていてハラハラしますが、その行動力が物語を回転させるいい潤滑剤になっています。

ただ、芹生も掘り下げたほうが行動に説得力がありますし、読者も共感していいと思ったので残念なところですね。

画力

綺麗な絵で安定していますね。

世界観

普通かな。

オリジナリティ

youtuberをテーマにした漫画は読んだことがありません。

探せばあるのでしょうが、youtuberというのが新しいものなのでテーマにした漫画は少ないと思います。

またyoutuberについて殆ど知らないおっさんが主人公というのも面白いですね。

僕のようなyoutuberを知らないアラサーには適度に共感できます。

話題をそそぐゾウ

はたして管理人のアンギットゥは若者なんですか?
まっ、まだアラサーだから、若者なんだよ!

アンギットゥ

総合評価

最初はあまり面白そうに思いませんでしたが、読んでみるとかなり面白かったですね。

ただ芹生の掘り下げが浅いのが残念でした。

ビックコミックスピリッツが連載だそうなのでターゲット層から考えて、おっさんを掘り下げるのは正解だと思います。

話題をそそぐゾウ

ただyoutuberをテーマにした漫画は若者にも興味を持って読む人がいるでしょうし、芹生も掘り下げればよかったですね
テーマ的に幅広い層に受けそうな漫画だからね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

youtuberは最近、テレビで取り上げられることも多くなりました
プロフェッショナル仕事の流儀やマツコ会議でも扱っていたよね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

コロナ禍で在宅勤務が推奨されているのとyoutuberが社会で認められてきたということですね
ブログやSNSは誰でも使うツールになったけど、youtuberも仲間入りしたということかな

アンギットゥ

youtuberをテーマにした漫画として面白いので、ぜひ読んでみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です