woltスタッフになるまえに準備したほうがいいもの

自転車で飲食店からお客様に食べ物や飲み物をお届けするデリバリーサービス、Uber Eats。

スクーターや軽車両を使って配達する方もいらっしゃいますが、自転車で配送しているイメージのほうが強いのではないでしょうか?

そんなデリバリーサービスのひとつ、フィンランド発のオシャレなバックやTシャツを使うwolt。

日本では2020年の3月26日に広島で始まり、6月25日から札幌でサービスがスタートしました。

僕は6月25日に街中で走っているのを発見し、woltを検索。

応募して、7月にwoltで配達員パートナーになりました。

wolt配達員パートナーとして、これからwolt配達員パートナーになろうと思っている方に準備したほうがいいものをご紹介します。

wolt配達パートナーとして役立つだけではなく、日常的にサイクリングを楽しむときにも役立つアイテムばかりです。

アームカバー

woltの配達は日中から夜に掛けてまでですが、日中に走る方も多いのではないでしょうか。

日中の日差しは強力ですぐに日焼けしてしまいます。

日焼けを甘く考えている方も多いですが、日焼けは火傷です!

アームカバーをしましょう!

アームカバーを暑いと思う方もいらっしゃるでしょうが、接触冷感の物を買えば暑くありません。

むしろ汗を吸収発汗してくれるので涼しいです。

僕のお勧めのアームカバーはこちらです。

UPF50+という紫外線を99%カットしてくれます。

日焼け止めクリーム

夏の強い日差しで焼けるのは腕だけではありません。

顔も日焼けします。

僕はオーバーサングラスをつけているのですが、顔の下面は日焼けするので日焼け止めクリームを塗ることをお勧めします。

モバイルバッテリー

wolt側でも言われますが、モバイルバッテリーは必需品です。

gpsを常にオンにしているので、3時間ほど配達をしているだけでバッテリーが20%を切ります。

僕のスマホはiphone 7sで新品で今年の2月に購入したばかりです。

一日中、スマホを見るわけではないので2・3日に一回の充電で足りていましたが、その僕のスマホでも満充電をしていてもバッテリーが20%になります。

そんな必需品のモバイルバッテリーですが、お勧めのメーカーはankerです。

ankerは低価格で質の高い商品を出すことで知られたメーカーで、PSE認証が義務化される前からPSE認証のモバイルバッテリーを販売していたなど安全意識も高いメーカーです。

ankerのなかで特にお勧めのモバイルバッテリーはこちら

平らになっているのでスマホと重ねて使うのに便利です。

値段を抑えたい方にはこちらもお勧めです。

スマホホルダー

woltでスマホホルダーが支給されますが、スマホのケースを付けてモバイルバッテリーを接続すると収納できません。

 

 

スマホの性能やケースの有無は人それぞれでしょうが、ケースを付けている方は別途で購入することをお勧めします。

お勧めのスマホホルダーはこちら

サングラス

こちらも日本人はあまり掛けないですが、サングラスは付けたほうがいいです。

紫外線から目を保護するためです。

将来、白内障になったら嫌ですからね。

車や窓ガラスに光が反射して「まぶしぃ!」となり目を閉じて事故に繋がる可能性もあるので、事故防止のためにもサングラスを付けたほうがいいでしょう。

ロードバイクなどのスピードが出るタイプでは、風邪で目が乾いて視力が悪化することがあります。目が乾くのを防止するためにもサングラスは付けたほうがいいです。

サングラスはアマゾンなどで1000円ちょっとで購入することが出来ます。

オーバーサングラス

日本人の四人にひとりがメガネと言われるので、配達員を目指す方のなかにも眼鏡を掛けている方は多数いらっしゃるでしょう。

度付きのスポーツサングラスを購入する方法もありますが、度好きのスポーツサングラスは1万円以上します。

僕はかなり目が悪くて富士メガネの4万円の眼鏡を使っているのですが、度付きのサングラスを購入する余裕はありません。

そんな僕が愛用しているのはオーバーサングラスになります。

普通のサングラスのうえに被せるタイプです。

価格を抑えたい方にはこちらがお勧めです。

僕が愛用しているのはAXEのSG605Pです。

耳に掛かる部分が柔らかいゴムで出来ているので、長時間掛けていても耳が痛くなりません。

コールマンのオーバーサングラスは1時間ほど掛けていると痛くなったので、こちらの方がお勧めです。

AXEのオーバーサングラスはコールマンの倍以上しますが、価格相応の価値があると思います。
怪我したらせっかく稼いでも損ですからね。

サングラスは外して入店しましょう

サングラスは必須アイテムだと書きましたが、必ず外して入店しましょう。

特に今はコロナの影響で入店するときにはマスクは必須(稀にマスクをしないで入店する方も見ますが)なので、woltのロゴが入った帽子を被り、オーバーサングラスを掛けて、マスクをするという状態で入店することになります。

お店のかたにギョッとされますw

見るからに怪しい人ですw

笑い事ではなく、気をつけましょう。

シールド付きヘルメット

サングラスが嫌な方にはこちらも選択肢のひとつです。

AXEのSG605Pは5,822円もするのに対し、こちらはヘルメットとサングラスがひとつのセットで3399円と大変お得です。

ただAXEのSG605Pは自転車に乗らないときにも付けられるというメリットがあるので、外出時に常に目を保護するためにはAXEのオーバーサングラスがお勧めです。

特に札幌は冬場は自転車に乗らないので、こちらのヘルメットは不要になりますね。

稀にファットバイクで冬道を走る方を見かけますが、他の自転車で走行するのは危険なのでお勧めできません。

woltで注文してみる

wolt配達員パートナーになるまえに、一度注文してみることをお勧めします。

どのようなシステムで注文を待つお客様はどのような気持ちかが、少しですがわかります。

単純にwoltで注文できるお店はどれも涎が出そうなほど美味しそうというのもありますけどね、ハァハァ……。

実際、幾つか注文してみましたがかなり美味いです。

外食するときは近くの歩いて行ける店になっちゃうんですよね。

出前も『インドカレーミルチ』という凄く美味いカレー屋さんでしか頼まないので、ちょっと飽きてきたかなと思っていたところです。

もし配達されるときはこちらのクーポン『EHNND』をお入れいただくと、750円分安くなります。

宜しければお使いください。

あとがき

僕がwolt配達員パートナーとして必要だと思うものを書き連ねました。

これらのものは普段のサイクリングにも役立つモノなので、これを機に購入されることをお勧めします。

それではwoltで配達員パートナーを楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です