パートナー応援制度ってどんなもの?

Uber Eatsで定番の機能のひとつであるチップ制度。

お客様が配達員に感謝を込めて、チャリンとお金を入れてくれるのがチップです。

以前からUber Eatsで羨ましいなと思っていた機能ですが、woltでもついに始まりました!

ただしチップではなく『パートナー応援制度』という名前ですが。

なぜなのかな? と思いつつも、もらえるとかなり嬉しいです!

ちなみに配達員パートナーのアプリでは『チップ』と表示されています。

ですのでこの記事では『チップ』と書かせていただきます。

表示の仕方は?

こちらのようにチップ抜きの報酬とチップが別々に表示されます。

『応援金』というのがチップです。

チップに統一しても良いと思うんですけどねw

いくらもらえるの?

始まったばかりなのでなんとも言えません。

日によって違いますし、正直なところ運ですね。

僕はパートナー応援制度の初日は400円。

二日目は200円。

三日目は400円でした。

四日目は300円でした。

その後はもらえたり、もらえない日も多いです。

一回の配達で500円いただいたときは小躍りしたくなるほど嬉しかったですね♪

2020年8月25日の時点では合計3089円いただきました。

ありがとうございます!

39という洒落たことをする方も

『39円』入れてくださった方もいました。

最初はなぜ、39円? と思ったのですが、『サンキュー』ということですね。

こういうユニークなことも出来るのがチップのいいところでしょうか。

なぜか先払い

チップは配達したあとでいただくのかなと最初は思っていましたが、最初に設定しておくようですね。

配達員に粗相があったり、遅れたらサポートに連絡してチップを取り消すことも出来るようです。

金額は2000円まで

チップの上限は2000円までのようです。

不具合も発生している

チップが導入されてから2020年8月10日現在、配達員パートナーのアプリでバグが発生しています。

商品を受け取ったときと配達が完了したときに、アプリ側で『完了』出来ないというバグです。

再起動を促されますが、何度再起動しても完了しません。

サポート側に連絡して、完了するしか方法がありません。

woltのサポートは対応が早いですが、状況によります。

また連絡することでどうしても数分のロスが生まれるのがネックですね。

受け取ったお店でもらえる確率が変わる

チップが始まって気がついたのは、配達したお店によってチップがもらえる確率が変わります。

僕の近所のあるお店で受け取ったときなのですが、最初の4日間は毎日チップをいただいています。

1300円中600円はひとつのお店のお客様が入れてくださったものです。

どこのお店かは企業秘密とさせていただきますが、お店のお客様で変わるというのは覚えておいたほうがいいと思います。

自分の馴染みであり、チップをいただける確率が高いお店を把握してみてください。

あとがき

新しく始まったチップは大きな可能性を秘めています。

いくらいただけるかは運次第ですが、沢山もらえると嬉しいですね。

これからに期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です