漫画『ビルドダイバーリゼ』1巻のレビュー

漫画『ビルドダイバーズリゼ』1巻のレビュー

ビルドダイバーリゼ』1巻の評価
ストーリー
(3.5)
キャラクター
(3.5)
画力
(5.0)
世界観
(3.5)
オリジナリティ
(5.0)
総合評価
(5.0)

ガンプラでバトルするビルドシリーズ。

ガンプラを制作して、直接操作してバトルするビルドファイターズとガンプラをスキャンしてVRでバトルするビルドダイバーズのふたつに分かれています。

その『ビルドダイバーズ』の2作目である『リライズ』はなんとyoutube限定配信。

まあ『リライズ』の1期はBSでも放送されているらしいですけどね。

その『リライズ』の外伝がビルドダイバーズリゼ』になります。

主人公はELダイバーのリゼ。

電子生命体であるELダイバーのリゼは産まれたばかりでわからないことだらけ。

まあ人間の赤ちゃんではなくて、GBNから情報をユーザーの行動履歴まで映像付きで取り出せるというチートなものを持っています。

話題をそそぐゾウ

1巻は導入部分ですが、今後の展開が楽しみな構成になっています。

ダイバーズ1期のキャラが幾人も出てくるからね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

リライズよりも1期のキャラが出てくるのはダイバーズ1期のファンからすると嬉し所です。

そうだね

アンギットゥ

ストーリー

リゼの誕生。

リゼがチャンピオンになるという目標と自分だけのガンプラを作ろうと試行錯誤を巡らし、ついにリゼ専用のガンプラが出てくるのが1巻までです。

リゼがバトル中に豹変するなど、伏線を張り巡らしているので今後が楽しみです。

キャラクター

主人公のリゼは可もなく不可もなしです。

読者に感情移入させる目的のキャラだと思いますが、今後の成長に期待ですかね。

リゼの保護者であるテツはなかなかにいい味を出しています。

GBNはあくまで仕事のストレス発散と割り切っていて、フォースにも参加していません。

しかしリゼの保護者を買って出たり、バトルで倒した相手とも一緒に戦ったりと面倒見の良さが魅力的ですね。

話題をそそぐゾウ

ヒロインであり新人記者のホマリも出世欲が強くてどんな展開を迎えるのか楽しみです。

リゼと恋愛展開にはならないと思うけどね。

アンギットゥ

画力

キャラの描き分けも出来ていますし、ロボットの作画がかなり上手いです。

いまどきらしい綺麗な作画ですが戦闘シーンも迫力があります。

主人公機のアニマリゼの誕生シーンもポーシングがカッコいいです。

世界観

上記に書いたとおり、ガンプラをスキャンしてVRで戦う世界です。

VRMMOのガンダム版で、VRMMO内で電子生命体が誕生するという展開はSAOなどで見たことがある展開ですし、特筆すべき世界観ではありませんね。

オリジナリティ

世界観はよくあるVRMMOですが、オリジナリティという点では他を圧倒するものがあります。

ガンダムという40周年を迎えた作品が持つ蓄積された物です。

様々なガンダム作品の建物や風景が再現されているビルドダイバーズのGBNは、最近登場したVRMMO作品を圧倒するデータを持っています。

ビルドシリーズ共通の強みとして、40年分の豊富なMSも登場します

ファーストのビグザムからGのレコンギスタのマックナイフまで幅広く出てくるからね。

総合評価

面白さはそれなりですが、続きが気になりますね!

まだ導入部分なのではっきりとしたことは言えませんが、アニマリゼがどのように活躍するのか気になります。

話題をそそぐゾウ

アニマリゼが面白そうなので欲しくなってきますよ

複数のサポートメカと合体とか、往年の勇者ロボシリーズを思い出してワクワクするよ

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

合体自体はビルドファイタートライでもトライオン3というのが出てきましたね

購入したよ。旧キットを使っているから可動とか問題点も多かったけど、勇者ロボのテイストを残してくれて面白いきっとだった

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

今度のアニマリゼは完全新規らしいから、可動とかも問題ないでしょうね

楽しみだね。このまま色々な機体がキット化してくれると嬉しいけど

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

ビルドダイバーズリライズの盛り上がり次第ですかな

期待はしたいねえ。ただリライズは話題性がちょっと低いから、どうなるかわからないけど

アンギットゥ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)