旧アンギットゥの雪国回想録3 人生を変えた言葉

人はひとりでは生きられません。

色々な人と出会うからこそ、人は成長します。

それはインターネットでも変わらない。

インターネットでも人と人は交流できるからです。

今回は僕の人生を変えた常連さんの言葉について語りたいと思います。

自虐をやめてくだされ

僕は自己評価が低い人間でした。

いまも高くはないのですが、あの頃は低かったですね。

だから僕はチャットでも自虐を繰り返していました。

そんな僕にある常連さんからこんな言葉(うろ覚えなので正確ではありませんが)をくれました「自虐をやめてくだされ」と。

自虐するサイトの管理人のところには誰も投稿したくないし、行きたくもない。

管理人は常に自信を持っていないといけない。

その言葉は僕にとっては脳天を突き抜けるほどの衝撃でした。

自己評価が低い人間にとって、自虐など当たり前のことです。

自虐を繰り返すから、ますます自己評価が下がり、自虐をする。

負の悪循環を延々と繰り返していた僕にとって、周りがどう思っているかなんて欠片も考えていなかったんですね。

そんな余裕はありませんでした。

だからこそ心に響いた。

小説投稿サイトの管理人として、これではいけない。

僕のサイトに投稿してくださる方にとても失礼だと気づかされました。

それから僕は自虐をやめました。

自信がなくて疲れているときでも、明るく振る舞っていたつもりです。

物書きは書いてなんぼ

先ほどとは別の常連の方の言葉です。

こちらは間違ってはいません。

口癖としてよくいわれていた言葉なので、とても印象に残っています。

物書きは書いてなんぼ、この言葉は書き手のしての技量が常連の方に比べて明らかに劣っている僕にとって、強い励みになりました。

当時の僕はいまに比べてはるかに下手でしたが、とにかく書き続けるのが大事だと思わせてくれた言葉です。

僕はプロの作家志望なワナビというものですが、いまもペースは随分と落ちていても書き続けていられるのは、この言葉があるからですね。

あとがき

僕の人生を変えた言葉でした。

印象に残った言葉は数あります。

しかし僕の人生を変えた言葉はこのふたつですね。

今回は短いですがこれで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 この記事を書いた人

  • HN:アンギットゥ
    漫画好きなおっさんです。 他にもラノベやmac、アニメなど多趣味だったりします。 詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。

コメント