漫画『我間乱〜GAMARAN〜』のレビュー

漫画『我間乱〜GAMARAN〜』のレビュー

週刊少年マガジンで2009年から2013年まで連載していたチャンバラ漫画です。

江戸中期の猛者の集うことで知られる海原藩を舞台に、主人公の我間が同門を裏切った父を倒すために戦います。

チャンバラ漫画は数あれど、主人公が最初の敵を不意打ちで仕留めるのは斬新でしたね。

話題をそそぐゾウ

主人公は本作オリジナルの流派となる大亀流の使い手ですが、実に様々な技があり、どれも合理的な理由に基づいていて面白いです
腕を弾いて斬檄を放つとか見たことなかったよ

アンギットゥ

 

ストーリー

海原大仕合が行われるのが前半です。

藩主候補達が自分が最強だと思う流派を戦わせて、勝ち残れば次期藩主になります。

海原藩の跡取り争いですね。

後半は無宝流という幕府打倒を企む組織と主人公我間達との戦いがメインとなります。

テンポがとてもよく、飽きが来ない展開です。

キャラクター

多彩な流派とキャラクターが登場します。

既存の流派をモデルにしているのはわかりますが、よくここまで考えるなというくらい多種多様な流派が登場して凄いなあと感心してしまいますね。

しかもテンポが良いので次々とキャラクターが退場していきます。

話題をそそぐゾウ

複数の流派が出てくるバトル漫画は一度倒した敵キャラクターが再登場する作品が結構ありますが、ここまで惜しげもなく敵キャラクターを捨てて、次々と新しいキャラクターが増えていく漫画も珍しいですね
作者の引き出しの多さは凄いよね

アンギットゥ

画力

バトル漫画なので迫力はそれなりにあります。

ただ途中から登場人物達の顔が縦長になるのは好みの分かれるところでしょうか。

世界観

戦を知らない世代しかいない江戸中期。

その平和な時代だからこそ、無宝流も幕府を強大な敵として倒そうという話に説得力が持ちます。

幕末は江戸幕府は黒船来襲でガタガタのボロボロですからね。

オリジナリティ

多彩な流派が登場するのはバトル漫画ではありますが、テンポの良さと流派の引き出しの多さは凄いですね。

主人公と仲間達が使う大亀流の技もよく考えられているなあと感心させられます。

剣術は基本として、槍術や弓術、鎖鎌術まで登場します。

続編では西洋剣術まで現れるのだから本当に幅が広いです。

総合評価

面白い!

何度も書きましたが、この作者のテンポの良さと引き出しの多さは特筆すべきものがあります。

特に敵キャラクターを惜しげもなく使い捨てる大胆さは凄いです。

話題をそそぐゾウ

正直、このキャラクターが再登場しないのはもったいないかなと思うキャラクターが何人もいますが、その大胆さも我間乱の魅力ですね
引き出しの多い作者だよね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

ただ『我間乱』はラストが打ち切られたような終わり方だったのが残念でしたね
次回作の『殺さざる者、生くべからず』も打ち切りだったしね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

『我間乱—阿修羅—』が始まって、ほんとよかったです
しかも2ヶ月に1巻のペースで刊行されるからファンとしては凄く嬉しいよね

アンギットゥ

話題をそそぐゾウ

『我間乱—阿修羅—』は綺麗に終わってくれるのを願っています
大丈夫だと信じよう!

アンギットゥ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)